「Smart FLASH」に五藤理事長が取材監修を受けた記事が掲載されました。|五良会クリニック白金高輪|白金高輪の内科

五良会クリニック白金高輪(美容皮膚科、美容外科)2F 皮膚科・美容皮膚科・形成外科
〒108-0074
東京都港区高輪1丁目3-1 プレミストタワー白金高輪 1F
03-6432-5353
LINE予約   人のアイコンスタッフ募集
ヘッダー画像

ブログ

「Smart FLASH」に五藤理事長が取材監修を受けた記事が掲載されました。|五良会クリニック白金高輪|白金高輪の内科

「Smart FLASH」に五藤理事長が取材監修を受けた記事が掲載されました。


医師が警告する「夏のビール」と「熱中症」の危険な関係「『泥酔して寝落ち』は血栓ができやすい状態に」 | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌] (smart-flash.jp)


猛暑が続く日本列島。8月5日には、東京都心で16日めの猛暑日となった。福島や福井では39度超と、各地で危険な暑さとなっている。


「気温でいえば、35度を超える日は『運動は禁止』とするべきです。一般に28度を超えると熱中症が起きる危険性は高くなり、28~31度では、積極的に休憩し、警戒すべき状態です、31~35度は厳重警戒。激しい運動は中止し、10~20分おきに休憩すべきです。もちろん水分と塩分の補給は必須です」

 
そう語るのは、医療法人社団五良会理事長で、竹内内科小児科医院の院長、五藤良将医師。水分補給の重要性は、誰もが認識しているところだろうが、五藤医師によれば、「誤った水分補給」によって命の危険を引き起こし、緊急で患者が担ぎ込まれることもあるという。


「『猛暑で汗もかいたし』と、水分補給のつもりでビールを飲むと、熱中症を引き起こすリスクが高くなります。

 
多量の汗をかいて脱水状態になっている体で、ビールを一気に飲むと、アルコール血中濃度が上昇しやすく、普段よりも酔いやすくなります。

 
多くの方が飲酒の際に『トイレが近くなる』という経験があると思いますが、これは、アルコールが体内で代謝され、水と炭酸ガスになって排出されるためです。

 

とくにビールは、アルコール・カリウム・水分の相乗効果による利尿作用が強く、これによって、脱水状態はさらに進み、アルコール血中濃度も上昇することになります」(五藤医師・以下同)

 

具体的には、熱中症はどういった症状が起きるのだろうか。

 

「多量の汗をかき、体のミネラル分が失われることで、気分が悪くなったり、吐き気、顔面蒼白、手足のしびれ、筋肉痛などが起きたりします。

 
さらに症状が進むと、血圧低下、頭痛、脱力感、動悸、めまいなどが起きることも。適切な処置がおこなわれず放置されれば、脳に必要な水分や電解質が送られなくなり、体温上昇や意識障害が生じ、最悪の場合、死に至ることもあります。

 
猛暑下での飲酒は控えるべきですが、もし、夏のレジャーなどでビールやお酒を飲みたいというときは、同時に十分な水分摂取をおこなうことが大切です」

 

 五藤医師によれば、1リットルのビールを飲むと、1.1リットルの水分が体から失われるという。真夏の飲酒は、つねに水を飲むように心がけてほしい。

SmartFLASH )

——————————————————————————————

■五良会クリニック白金高輪 

●1F 内科・小児科・内視鏡内科・消化器内科・代謝内科
 TEL番号 03-6432-5353 
 FAX番号 03-6432-5352

●2F 美容皮膚科・美容外科・皮膚科・小児皮膚科・形成外科
 TEL番号 03-6432-5656 
 FAX番号 03-6432-5657